NEWS

YUMEKOUBOU ANTIQUES

2019.4.19

季節の便り
平成最後の桜

京都府と滋賀県の境界にある山を源流とする白川。左京区にある琵琶湖疏水と合流しつつ、夢工房京都店の西側を通り鴨川へ流れ出て行く美しい川です。

お店のすぐそばには、川面ぎりぎりまで枝を広げた大きな桜の木があります。撮影した4月上旬は、満開を迎え白く輝く姿を見ることができました。道路からは離れているので人の気配がなく、枝下を流れる白川とともに静かな佇まいで、私たちの日常に溶け込んだ美しい桜です。花散る頃には、たくさんの花弁が川を流れ、一段と素敵な景色を見せてくれます。

そして夢工房京都店。

京都特有の間口の狭い横格子戸、奥へ続く石畳。その先に夢工房の玄関があります。この入口の景色やお店の建物は100年以上もの間、変わることなく存在し貴重な町家の風情を今に伝えています。

そんな京都店とは違い、お店の周辺は変化しています。東隣には新しい町家風の宿泊施設がオープンし、北側には料亭が新しく移転してきました。西側にもホテルが建設中です。変わらない景色と変わっていく景色。そこで生活している人も京都を楽しみにお越しになるお客様も両方が心地良く過ごせる街。そんな魅力ある場所でありたいものです。

白川が鴨川へ流れ出るあたりは、大きな桜が立ち並び、溢れるような花が咲き誇り、それを楽しむために多くの人で賑わいます。祇園新橋や八坂神社からも程近く、定番の桜名所の一つです。また、このすぐ横には江戸後期の陶工・青木木米の旧宅跡があります。知らないと通り過ぎてしまうほどひっそりと石碑が佇んでいます。

また春の鴨川は桜や柳が美しく、川幅も広く解放感があります。京都に住んでいる人はもちろん、旅行で訪れた人たちの憩いの場でもあります。川の西側からは、なだらかに連なる東山三十六峰の稜線が美しく見え、ゆったりとした京都の景色を眺めるには最適なエリアです。

商品に関する詳しい情報はお問い合わせください
yumekoubouantique@gmail.com

热忱为您提供相关中文咨寻,欢迎来函。
1519394396@qq.com