f129

鳥置物

津田信夫(1875~1946)

size26cm x 11cm x 16cm

「水郷敲聲」という銘がついたこの鳥はクイナと呼ばれる飛ぶことの苦手な鳥です。古典にも登場する「くひな」の鳴き声は戸を叩くような音がするそうで、敲く(たたく)聲という名がつけられたのだと思われます。しっかりとした足の形や長い嘴の特徴を端的に捉えています。限りなくシンプルなフォルムは射し込む光によってその表情を変化させ楽しめます。

津田信夫鳥置物
津田信夫鳥置物
津田信夫鳥置物
津田信夫鳥置物
津田信夫鳥置物
津田信夫鳥置物

商品に関する詳しい情報はお問い合わせください
yumekoubouantique@gmail.com

热忱为您提供相关中文咨寻,欢迎来函。
1519394396@qq.com